全国の骨董・アンティーク検索サイト|アンティークリーブス
 
商品を探す




ショップを探す

骨董市・コラム

ショップ専用メニュー

ご案内


町田天満宮骨董市

 このエントリーをはてなブックマークに追加 Check   
町田天満宮骨董市(町田天満宮がらくた骨董市)は東京都・町田市にある町田天満宮で毎月1日(1月と11月は変更あり)に開催されている骨董市です。着物・焼き物・がらくた・骨董何でも勢ぞろいのこの骨董市は出店も130店と大きく、町田駅から徒歩5分とアクセスも良いため若者から年配の方まで多くの人で賑わいます。
開催日:毎月1日(1月と11月は変更あり)
時間:午前7時 - 午後3時
会場:町田天満宮 境内
交通:小田急線町田駅下車 徒歩8分
入場料:無料  雨天決行
町田天満宮の歴史
創建 社殿谷保天神などを中心とした武蔵国の天神信仰の流布により、元応年間より菅原道真公をお祀りしていた大沢正純という者が柚木大沢村におり、京都の北野天満宮より戴いた菅原道真公の尊像を家の守り神としてお祀りしていました。子孫七代を経て大沢氏は一色村に移り住む際に、現在の本町田菅原神社の地にその尊像をお祀りし、境内地と社殿を村に寄進したのでした。
町田天満宮がらくた骨董市。20数年毎月一日に立つ。でも今朝インスタで初めて知って昼前に。インドや東南アジアの布、キリムを扱うお店沢山で、すごく楽しかった。お店の人ともゆっくり話せて、大江戸骨董市より庶民的。今日は市と週末が重なってラッキー。
いいものを探すには朝7時頃に行かないと無くなってしまうと聞いていますが、そんなに早く行くことはできませでした。出かけたのはやっと10時過ぎになってしまいました。 天満宮の境内はたくさんの店と多くの客でごったがえして、なかなか思うように見ることは出来ませんでした。本当に欲しいものばかりですね。しかし、それらの中からごく数点だけを購入しました。 骨董品は見ているだけでも楽しいです。長年使いこまれてきた風合いや味わいがあります。これからも足を運び、少しずつ気に入つたものを求めていきたいと思います。
毎月1日は町田天満宮がらくた骨董市
休みではなく遅番にしてもらったものの、色々していたら出遅れ。
西側に超遠回りですが…久しぶりの骨董市を1時間程堪能
天気が良くて週末だとなかなかの賑わい
朝の7〜8時頃に行ければ、商品も店頭に並んでいますし、人出も少ないので、お気に入りの品を見つけることができるかもしれませんね! また、晴れている日はお昼ぐらいから、雨の日は人出が少ないのでお昼前からお安くしてくれる店もある様です。 13時を過ぎると、店じまいを始めるお店もありますので、骨董市に行くならば午前中の早めの時間が鉄板です! 御自身で着物を着られる方は、あらかじめ自身のサイズ(裄と着丈)を測っておき、当日は巻き尺と手鏡を持っていかれた方が万全の様です。
町田天満宮の骨董市は一番好きな市。 今月は朝目が覚めたら行こうと少し遅かったので、 撤収に入っているお店もちらほら。そんな中で 良いお顔の招き猫に出会いました。 口元とか、たまらん…!
ずっと行きたかった町田天満宮がらくた骨董市、すげー楽しかった、欲しいもの安く手に入ったし!大切にしよう👏🏻 昔の人は本当にすごいなって思う。着まくってボロくなった着物を解いてまた新しいものを作る、あの絨毯のようなものは、色の数だけ着物の数ってことらしい。しかも手作りで細かくて、めちゃめちゃ大きいから気の遠くなるような作業だったんじゃないかな。 物を大切にしてて、魅力溢れる。 買いに来てる人の服装も魅力的だった。
町田天満宮がらくた市にお越しくださいました皆様、誠にありがとうございました🙇 両面印判のちょっと変わったお茶碗が入荷致しました🙌🌼 しかしながら、在庫も残すところ1点となりました🙇 本日も新しいご主人様の元へと旅立ちました✨ 毎度のことながら、我が子を嫁がせる気持ちです😢💕 なかには、友人の開店祝いに贈りたいという方も㊗️🎉 本当に嬉しい事ですね🤭💛
白磁の大きなポットと、ピッチャー。 かわいい❤️ ポットのスタイルが良くて、惚れ惚れしてしまう。 しなやかにカーブした取っ手に キレイなラインのボディに 主張しすぎない蓋 スラリと伸びた注ぎ口 脚元も、なんとも言えないくびれ?(笑) 見惚れちゃう〜〜。 ピッチャーも 私はこの取っ手がお気に入り! これお水汲むのにもいいけど オシャレにドライフライとか生けたいな〜〜 1人戦利品を眺めてワクワクする夜なのでした⭐️
#町田天満宮がらくた骨董市 から連れて帰った可愛い子達(*˘︶˘*).。.:*♡ 実際に使うものばかり(*´艸`) ♥#昭和初期 の#豆ちゃぶ台 きちんと折りたたみ コンパクトでハンドメイドなどの作業用 ♥#湯のみ ♥アメリカンビンテージの小瓶➡made in japan
お昼前にのんびりと立ち寄ったところ、平日にも関わらずこの盛況ぶり!!! 骨董好きの皆さんの楽しそうな熱気に境内は包まれていて、見るだけ、と思って訪れていた私もついついお財布の紐が緩んでしまいました(笑)
古いもの・新しいものが行きかう場所「骨董市」
骨董市は古いものが集められています。しかし、ものだけでなく、買い物のやり方とかそういったところにも古くて良いものがあるんです。更に古いだけじゃなくて、それを新しいものと融合していく性格もあります。 英語でのコミュニケーションもそう、古いものを買って自分の生活に活かすということもそう。中には古い着物生地で作られた小物類を販売している若い女性のお店なんかもあったりして、商品の中にも古いと新しいが合わさっているものがありました。 そんな古いと新しいが集まる骨董市にお出かけすると、日常とは違う時間の流れを感じられるかもしれません。
<ご注意>
・ショップへのお問い合わせの際に「アンティークリーブスを見ました」とお伝えいただくとスムーズです。
・商品の在庫数、サイズ等については、取扱ショップにお問い合わせください。
・ショップへ来店される場合、営業日時について必ず事前にご確認ください。


【広告】暮らしのおすすめ



【広告】おすすめインテリア アイテム



Antique Leaves 運営者情報
利用規約
プライバシーポリシー
instaram
facebook
twitter
よくある質問
お問合せ