全国の骨董・アンティーク検索サイト|アティークリーブス
店舗の方新規会員登録ログインご利用ガイドカートを見る

商品をさがす



店舗をさがす



骨董市・蚤の市をさがす


カフェ・喫茶をさがす


店舗の方専用


ご案内


生國魂神社(いくたまさん)骨董市

 このエントリーをはてなブックマークに追加 Check   
 
生國魂神社で毎月8日に開催される「いくたまさんの骨董市」。出店は20〜30店舗ほどで、いわゆる「道具類」が多く、他にも古布・着物・武具・生活骨董類なども出店・販売されているそうです。
開催日:毎月 8日
時間:午前8時 - 午後6時
会場:生國魂神社 境内
交通:地下鉄谷町線「谷町九丁目駅」から徒歩で3分
入場料:無料


ここの売れ筋商品はまじめな骨董品。リサイクル品ではなく、数十年来のブームだった茶器茶碗古民具などの道具類。大正ロマンや昭和レトロなどの玩具や日用品、そして武具や書道具、古の家具や掛け軸など、骨董業界では正統派といわれる商品が並んでいる。

最近は日用品の中古品やリサイクル品が多いフリーマーケットに人が流れやすいが、日本人として、そして日本文化の保護保存を命題として我々の存在価値を考えている身として、採算を度外視してでもこのような市には可能な限り出店していきたいと考えている。


この生國魂神社が祭神とする生島神(いくしまのかみ)・足島神(たるしまのかみ)は、国土の神霊とされる。両神は平安時代に宮中でも常時奉斎されたほか、新天皇の即位儀礼の1つである難波での八十島祭(やそしままつり)の際にも主神に祀られた重要な神々で、生國魂神社自体もそれら宮中祭祀と深い関わりを持つとされる。また、同様に大坂城地から遷座されたという久太郎町の坐摩神社とともに、難波宮との関わりも推測されている。その後中世・近世を通じても崇敬を受け、戦前の近代社格制度においては最高位の官幣大社に位置づけられた、大阪の代表的な古社の1つである。


重要なお知らせ
新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さま、および関係者の皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。
当サイト上で紹介している一部の店舗・骨董市につきましても、臨時休業や営業時間の変更、開催中止等の可能性がございます。お出掛けの際は事前に各店舗・会場へお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。
お願い
・掲載店舗へのお問合せ時は「アンティークリーブスを見ました」とお伝えいただくとスムーズです。
・商品についてのご質問は、直接 掲載店舗にお問い合わせください。
・掲載店舗へご来店の際は、所在地や営業日時など事前にご確認ください。

\ 特集:おすすめ店舗 /

ANTIQUE LEAVES

    
運営スタッフより  利用規約  店舗利用規約  プライバシーポリシー  お問合せ © 2016-2020 ANTIQUE LEAVES