日本最大級の骨董・アンティーク検索サイト
新規会員登録ログインカートを見る店舗の方

商品をさがす



店舗をさがす



骨董市・蚤の市をさがす



 店舗の方はこちら 

骨董市・蚤の市をさがす

  • 北海道・東北
  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島
  • 関東    
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 中部    
  • 新潟
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 山梨
  • 長野
  • 岐阜
  • 静岡
  • 愛知
  • 関西    
  • 三重
  • 滋賀
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良
  • 和歌山
  • 中国・四国 
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
  • 九州・沖縄 
  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

【宮城】仙台骨董青空市

仙台古民具骨董青空市とは、毎月第4日曜日に仙台市の東照宮境内で開催されている、全国でも古い歴史のある骨董市です。東北の骨董業者が軒を連ねていて、生活骨董、陶磁器、古美術など、あらゆるものが並びます。JR東照宮駅から徒歩3分、無料の大駐車場もあります。

【秋田】あきたアンチック蚤の市

あきたアンチック蚤の市とは、秋田美術倶楽部社の屋内にて、毎月第2土曜に開催されている蚤の市です。会場には20店ほどの店舗が出店し、骨董、生活骨董、古道具、昭和レトロ、古布、コレクタブル、着物、雑貨、企業物、アンティーク、ビンテージなどなどさまざまなアイテムが出品されています。

【青森】時の市

時の市とは、青森市にある全仏山青龍寺にて年に2回、桜や紅葉の季節に合わせて年に2回開催される蚤の市です。出店者全員が和装でお出迎えしてくれます。古道具やクラフト、フードが約70店舗出店する他、お子様が楽しめるワークショップも開催。体験型ワークショップでは洋服の上からレトロな着物を着て写真撮影ができる「着物さんぽ」も大人気なんだとか。トレードマークの大仏は昭和大仏と呼ばれ、地元の人に愛されています。

【北海道】北海道アンティーク骨董ジャンボリー

北海道アンティーク骨董ジャンボリーとは、年に1度札幌市中央区のサッポロファクトリーホールにて開催されている大規模なアンティークイベントです。出店数は180店舗ほど。2004年に第1回が開催されて以来、その規模は道内最大級といわれています。骨董品や古道具、アンティーク着物、家具など、個性豊かな店舗が趣向を凝らして展示販売を行います。

【岩手】志和蚤の市

志和蚤の市とは、岩手県紫波郡紫波町の志和八幡宮にて開催されている人気のフリーマーケットです。2014年11月にスタートした比較的新しい蚤の市で、毎年5月と11月の年2回開催されています。国産の古い陶磁器や古道具、古書や古銭などの出品がある他、ハンドメイド品やフードのお店もあり、毎回たくさんの人で賑わっています。

【山形】山形古民具骨董蚤の市

山形古民具骨董蚤の市とは、山形県諏訪町にある諏訪神社境内にて毎月第1日曜に開催されている蚤の市です。約20店舗ほどの出店があり、こぢんまりとした境内に骨董の器や古民具、古布などが出店されます。お店の人との会話を楽しみながら、じっくり見て回りたい蚤の市です。雨や雪の日は中止になることもあるのでご注意。

【福島】波立薬師門前市

波立薬師骨董市とは、福島県いわき市久之浜町にある波立(はったち)薬師にて毎週第1日曜に開催されている骨董市です。震災の影響で長らく中止が続いていましたが、再開を望む声が多く2012年3月にめでたく復活しました。波立薬師は初夏になると境内いっぱいに紫陽花が咲き誇るため、「あじさい寺」として地元の人に親しまれています。

【山形】エビスヤ古物市

エビスヤ古物市(ふるものいち)とは、山形県鶴岡市にある旧小池薬局恵比寿屋本店(通称エビスヤビル)にて開催される古物市です。古道具やアンティーク、フード、グリーンなど東北地方のショップ9店舗が出店します。昭和初期に建設されたエビスヤビルが、古物の魅力を静かに引き立たせてくれることでしょう。

【北海道】豊平神社骨董市

豊平神社骨董市(豊平神社骨とう青空市)とは、札幌市の豊平神社境内にて、4月〜11月の毎月第4日曜に開催されている骨董市です。(11月のみ第3日曜開催)札幌市にて定期的に開催されている唯一の骨董市のため、足繁く通うファンも多いのだとか。北海道全域から骨董業者が出店し、古道具、食器、家具など様々なアイテムが手に入ります。

【埼玉】浦和宿ふるさと市

浦和宿ふるさと市とは、さいたま市浦和区、調(つきのみや)公園にて毎月開催されている骨董市です。出店数は180店舗と大変見ごたえがあり、骨董品や古民具の他、着物や和雑貨が多く見つかります。歴史の長い骨董市なので、昔ながらの雰囲気を体験してみたい方には特におすすめの骨董市です。

【神奈川県】神奈川やまと古民具骨董市

神奈川やまと古民具骨董市とは、大和駅周辺の賑わいの創出を目的に、平成10年4月にスタートした全国各地の骨董業者が出店するイベントです。20年以上続いている歴史ある骨董市で、市内外から多くの人が訪れています。 ※イベント名称を平成31年2月に「やまとプロムナード古民具骨董市」から「神奈川やまと古民具骨董市」へと変更。

【東京】平和島骨董まつり

平和島骨董まつりは、国内で最も古い歴史のある大規模な骨董イベントです。東京都平和島にある東京流通センタービルにて年に5回開催されています。都内近郊のアンティーク・骨董業者を中心に、全国から200店舗以上のディーラーが数十万点の骨董品を集めて大集結。遠方からの出店も多く、最終日は午後から片付けが始まってしまいますので、素敵な物との出会いは午前中からがおすすめですよ。入場無料なので、若者から年配の方まで多くの方が訪れています。

【栃木】宇都宮美術骨董市

宇都宮美術骨董市とは、宇都宮市にあるマロニエプラザ大展示場で不定期に開催されている骨董市です。開催実績が18年以上あり、様々な年代の方が訪れます。神社で行われている骨董市とは違い、絵画や装飾品、刀剣類など美術品の出品が多いのが特徴です。日頃お目にかかれない貴重な品に出会える機会ですよ。

【茨城】一言主神社骨董市

一言主神社骨董市とは、茨城県にある一言主(ひとことぬし)神社で毎月第3日曜に開催されている骨董市です。県下最大規模の骨董市で、90店舗ほどの出店があります。日本の古い焼き物や古民具、海外のアンティーク食器など、様々なジャンルの品物が境内を埋め尽くします。

【群馬】桐生天満宮古民具骨董市

天満宮古民具骨董市とは、毎月第1土曜日に桐生天満宮境内で開催される骨董市です。関東三大骨董市の一つと呼ばれ、約80店もの出店があり、品揃えも食器や雑貨といった小さなものから家具まで様々です。 会場では若いカップルから年輩の方まで様々な人々で賑わい、店主と気軽に交渉をしている姿も目立ちます。

【東京】東京蚤の市

東京蚤の市とは、東京都立川市にある国営昭和記念公園にて開催されている大人気のフリーマーケットです。年に2回、春と秋に開催され、古道具やアンティーク雑貨の販売のほか、リメイクワークショップなどさまざまなコンテンツが充実しています。キッチンカーが来たりライブが開催されたりと、カップルや家族連れでも楽しめるイベントです。

【東京】骨董ジャンボリー

骨董ジャンボリーとは、東京ビッグサイトにて不定期に開催されている大規模な骨董イベントです。その規模は日本最大級と言われ、全国から500店舗もの骨董業者が出店します。手頃な価格帯の雑貨から骨董品・美術品、大きな家具まで品揃えは抜群。屋内での開催のため天候に左右されず楽しめます。

【東京都】大江戸骨董市

大江戸骨董市とは、東京国際フォーラム地上広場にて毎月第1・第3日曜に開催されている日本最大級の露天骨董市です。江戸幕府の開府400年を記念して2003年に始まりました。現在約250店舗が出店しており、2012年からは代々木公園でも不定期に開催されています。和骨董・西洋アンティーク・美術工芸品などはもちろん、北欧雑貨や生活骨董など暮らしに取り入れやすい物も多く販売されています。年代や国籍を問わず楽しめる、おしゃれで国際色豊かな骨董市として大変人気があります。

【東京】多摩骨董市

「多摩骨董市」とは、東京都にある立川諏訪神社(すわじんじゃ)で毎月第4日曜日(8月は休会)に開催されている骨董市です。古美術品、古民具、おもちゃ、書物、西洋アンティーク、着物などが販売されており、多くのアンティークファンの方々に親しまれています。境内に無料大駐車場もあるため、家族連れの方も多く和やかな雰囲気です。

【埼玉】さいたまスーパーアリーナ骨董アンティークフェア

骨董アンティークフェアとは、さいたまスーパーアリーナにて年に2回開催されている骨董イベントです。出店数も約200店舗以上と大変多く、アンティークや骨董、ビンテージ雑貨、着物、陶磁器、オモチャなどさまざまな骨董品で埋め尽くされます。関東では有名なイベントのため、遠方からの来客も多く大変賑わいます。

【東京】代官山蚤の市

代官山蚤の市とは、東京都渋谷区の代官山T-SITEで不定期に開催されている、パリをテーマにした蚤の市です。フレンチアンティークやヴィンテージ古着、家具、雑貨、グリーンなど、多彩なアイテムを取り扱うショップが全国から集まります。日本にいながら、蚤の市の本場フランスに訪れたような気分になれるととても好評なんです。

【神奈川】横浜骨董ワールド

横浜骨董ワールドとは、横浜みなとみらいにあるパシフィコ横浜Cホールで年に2回開催されている大規模な骨董フェアです。入場料は1000円で金曜〜日曜にかけての週末に行われます。日本最大級ともいわれ、国籍を問わず骨董品、アンティーク品、美術品が大集結します。屋内での開催のため天候に左右されないのも魅力の一つです。

【東京】花園神社青空骨董市

花園神社青空骨董市とは、東京新宿にある花園神社で毎週日曜日に開催されている骨董市です。10店舗ほどが出店しており、古道具や着物、雑貨などさまざまな骨董品が並びます。花園神社はこぢんまりとした小さな神社ですが、各線新宿駅から近いこともありたくさんの人が訪れる人気の市ですよ。

【東京】富岡八幡宮骨董市

富岡八幡宮骨董市とは、東京都江東区にある富岡八幡宮にて行われる、古くから親しまれている骨董市です。古道具はもちろん、書籍やおもちゃ、着物など100以上の幅広い出店があり、思わぬ掘り出し物に出会えるかもしれません。第1日曜は西洋の、第2日曜は東洋の品を中心とした品揃えになっているそうです。

【栃木】宇都宮蚤の市

「宇都宮蚤の市」とは、栃木県宇都宮市馬場通り(通称バンバ広場)で不定期に開催される蚤の市です。アンティークや古道具といった商品はもちろん、アート、クラフト、オブジェなどを扱う個性的な店舗も多数出店しています。他にも、コーヒーやカレー等を販売するフードやカフェの出店もあるため、見て買って楽しめる蚤の市として大変な賑わいを見せています。

【群馬】尾曳稲荷骨董市

尾曳稲荷骨董市とは、群馬県にある尾曳稲荷神社の境内で毎月第3・第5土曜に開催されている骨董市です。古道具から、着物までさまざまな業者が出店しているので、思わぬ掘り出し物に出会えるかもしれません。すぐそばの駐車場も無料で利用でき、時間を気にせずゆっくりお買い物が楽しめます。

【東京】町田天満宮骨董市

町田天満宮骨董市(町田天満宮がらくた骨董市)とは、東京都町田市にある町田天満宮で毎月1日(1月と11月のみ変更あり)に開催されている骨董市です。出店数も約130店舗と規模が大きく、着物・焼き物・がらくた・骨董となんでも揃います。町田駅から徒歩8分とアクセスも良いため若者から年配の方まで多くの人で賑わっています。

【神奈川】湘南蚤の市

湘南蚤の市とは、湘南T-SITEにて毎月第3月・火曜日に開催されているおしゃれな蚤の市です。ヨーロッパ各国のアンティーク、ブロカント、ビンテージなどを取り扱う古道具店、花屋などが全国から大集合。まるで本場フランスで開かれているような蚤の市の雰囲気が楽しめます。

【千葉】木下駅南骨董市

木下駅南骨董市とは、千葉県印西市にある木下(きおろし)駅南口の商店街で、毎月第1土曜に開催されている骨董市です。毎月数千人もの人々が訪れ、県外からも大勢の業者さんが参加されています。開催当日は商店街が歩行者天国になるので、ゆっくり見て回ることができますよ。

【千葉】柏の葉蚤ノ市

柏の葉蚤ノ市とは、柏の葉T-SITEにて全国から選りすぐりの骨董・アンティークショップが集まる大変人気の蚤の市です。アンティーク以外にも、様々なテーマに合わせてグルメやドリンク、音楽を楽しめるコンテンツも用意されているので、蚤の市が初めてという方も安心して楽しめるイベントとなっています。

【東京】新井薬師骨董市

新井薬師骨董市とは、新井薬師(正式名「新井山梅照院薬王寺」)にて毎月第一日曜日に開催されている骨董市です。関東で最も歴史が古い骨董市の一つと言われており、40店あまりの骨董業者が出店しています。良いものが並ぶと評判で、それは他の骨董業者も買い付けにやって来ると言われるほどだそうです。

【東京】二子玉川蚤の市

二子玉川蚤の市とは、「代官山蚤の市」など様々なイベント企画を手がける蔦屋書店が主催している人気の蚤の市です。2017年の第1回開催時には、ヨーロッパ中から魅力的なアンティークを集める家具・雑貨ショップが約50店舗ほど集まり、またフェアにあわせて北欧ヴィンテージを扱うショップが多数出店したことで、会場では多くの人で賑わいました。2020年2月には会場を二子玉川駅直結のガレリアに移し、第2回の開催が行われました。不定期開催なので、次回の開催が待ち遠しいですね。

【東京】赤坂蚤の市

「赤坂蚤の市 in ARK HILLS」とは、ファッションを中心にアンティーク雑貨や古着、ジュエリーなど厳選された店舗が集まる人気の蚤の市です。"ヨーロッパの蚤の市"のような雰囲気が若い人たちを中心に人気で、各国の歴史を経たアンティークや雑貨を見て、買って楽しみながら、美味しいグルメや音楽パフォーマンスも楽しむことができます。

【栃木】大前神社お宝骨董市

大前神社お宝骨董市とは、栃木県真岡市の大前(おおさき)神社にて行われている大規模な骨董市です。全国の有名な骨董屋が140店舗以上出店し、県外からの来場者も含め毎回7千人以上が訪れています。古道具、骨董はもちろん、雑貨や食堂も出店しているので、お出かけするだけでも一日を楽しく過ごすことができますよ。

【東京】東京アンティークグランデ

東京アンティークグランデとは、世界中から魅力的な品々が集まるアンティークイベントです。有楽町駅徒歩1分、東京交通会館にて開催されます。曲線が美しく有機的なアールヌーボーのデザイン、シャープで男性的な直線が豪華なアールデコ。フランス田舎暮らしの温かみが感じられるブロカンテの雑貨や、どのように使われていたのか想像するのが楽しくなるようなファブリックの数々・・・ヨーロッパから東欧、アメリカまで世界各国から古きよきものが大集結します。アンティークマニアの方から初心者の方まで、みなさまお楽しみいただけること間違いなし。

【埼玉】Antiques In Hilltop Farm

Antiques In Hilltop Farmとは、埼玉県滑川町、小高い丘の上で不定期に開催されるおしゃれなアンティークショウです。ヨーロッパのアンティークを中心に、古着や古材なども出品されます。美しい自然とアンティーク、ビンテージの雑貨に囲まれて過ごす時間は日々の忙しさを忘れさせてくれそう。お子様やペットを連れての入場も可。アウトドア好きの方にもおすすめです。

【埼玉】川越成田不動尊蚤の市

川越成田不動尊蚤の市とは、埼玉県川越市にある成田山川越別院の境内にて、毎月28日に開催されている蚤の市です。100店舗近くの出店があり、骨董や古道具はもちろん、とくに着物関係の出店が多いことが特徴です。羽織りや帯、帯留め、ハンドメイドに使える端切れなど、着物好き・手芸好きの方がこぞって訪れる蚤の市です。休日に重なった場合は大混雑するので、朝早い時間に行くのがおすすめです。

【神奈川】ジャンクショー

ジャンクショーとは、神奈川県横浜市にある産業貿易センタービル1F「横浜産貿ホールマリネリア」にて開催される大規模な蚤の市です。1950〜80年代の希少なコレクタブルアイテムが世界各国から集まります。日本大通り駅から徒歩3分、入場料は1,000円です。中学生以下は無料なので、お子様連れでも気兼ねなく楽しめますよ。

【東京】青山古市

青山古市とは、東京都港区の表参道COMMUNEにて開催されている骨董市です。毎月1〜2回、主に第2・第4週の週末に開催されています。2020年9月に第1回が開催されたばかりの新しいイベントで、古道具や古着、ヴィンテージ雑貨、西洋アンティークなど、多彩でお洒落なお店が30店舗ほど出店しています。

【東京】世田谷ボロ市

世田谷ボロ市とは、東京都世田谷区にある「ボロ市通り」にて毎年12月15日・16日、翌年1月の15日・16日の4日間にわたり開催されている蚤の市です。440年もの歴史があり、都の有形民族文化財に指定されています。約700店舗もの以前は古着や古布が多かったことからボロ市と呼ばれるようになりましたが、現在では骨董品、古道具やがらくた、西洋アンティーク、ハンドメイド作品まで様々な古き良きものに出会えます。屋台もたくさん出るのでグルメ通の方にもおすすめです。

【東京】ロハスフェスタ東京

ロハスフェスタ東京とは、東京都練馬区にある光が丘公園・芝生広場にて開催されている青空マルシェです。「エコ」をテーマにアンティーク・ヴィンテージ品をはじめ、植物、アウトドアアイテム、ガーデニンググッズ、グルメ、お洒落なクラフトや雑貨やワークショップのお店など、さまざまなお店が出店します。大変人気のイベントで、ヨーロッパの蚤の市のようなおしゃれな雰囲気を楽しむことができます。

【茨城】栗の家骨董市

栗の家骨董市とは、茨城県笠間市にある「栗の家」にて毎月第1・第3日曜に開催されている骨董市です。20年もの歴史があり、年々規模を拡大し現在では80店舗もの出店があります。骨董品や古布、がらくたなどなんでも揃い、海外からも来場者が訪れるなど国際色豊かなイベントとなっています。

【東京】渋谷蚤の市

渋谷蚤の市とは、東京都渋谷区のベルサール渋谷ガーデンタワー屋外広場にて毎月第2日曜(9月は除く)に開催されているフリーマーケットです。100店舗近くもの出店があり、品揃えも和洋骨董・古道具・家具・アクセサリーなど様々。アクセス抜群の立地で、海外の来場者からも大変人気があります。

【神奈川】扇町アンティークマーケット えびな骨董市

扇町アンティークマーケット えびな骨董市とは、神奈川県海老名市にある海老名西口プロムナード(ららぽーと前)にて毎月第2土曜に開催されている骨董市です。2017年8月に第1回が開催され、注目を集めました。小規模ながらも個性豊かなショップが並び、骨董品やレトロ雑貨、がらくたなどが見つかります。

【愛知】大須観音骨董市

大須観音骨董市とは、愛知県名古屋市にある大須観音の境内で、毎月18日と28日に開催されている骨董市です。骨董品や古道具、昭和レトロな雑貨や着物まで、様々な品揃えが楽しめます。最近では西洋のアンティークを扱うお店も出店しており、若い方にも人気の骨董市です。着物でお出掛けもおすすめですよ。

【静岡】小梳神社のみの市

小梳神社のみの市とは、静岡県にある小梳神社(おぐしじんじゃ)にて月に一度開催されている蚤の市です。開催日は毎月第2日曜日とその前日土曜日。街中の小さな神社に古美術・骨董・古民具・古布・雑貨など幅広いジャンルの品々が集まります。古くから地元の人々に愛されてきた蚤の市で、35年以上の歴史があります。

【愛知】名古屋骨董祭

名古屋骨董祭とは、春・秋・冬と年に3回、名古屋吹上ホールにて開催されているの歴史ある骨董市です。その規模は東海地区最大で全国の骨董業者が出店しており、様々な時代物はもちろん、西洋アンティークなど国籍を問わずありとあらゆる品物が所狭しと並んでいます。

【愛知】名古屋みなと蚤の市

名古屋みなと蚤の市とは、名古屋みなと蔦屋書店前で不定期に開催される蚤の市です。2019年5月に第1回が開催されたばかりの新しい蚤の市で、40店舗ほどが出店しています。ブロカントや古道具といった、日々の暮らしをちょっと豊かにするアイテムがたくさん見つかりますよ。

【山梨】山梨護国神社骨董市

山梨護国神社骨董市とは、山梨県甲府市にある護國神社境内で毎月第2・第4日曜に開かれている骨董市です。15〜20店舗ほどの出店があり、骨董品や古道具、がらくたなど日本の古いものが中心です。比較的規模の小さい市なので、時間を気にせずじっくり見て回ることができますよ。

【石川】かなざわ骨董フェア

かなざわ骨董フェアとは、毎年春と秋の2回、石川県金沢市にある石川県産業展示館2号館で開かれている骨董フェアです。出店数も約80店舗と非常に多く、幅広い世代の来場者が毎回1万人を超えています。入念に手入れされた骨董品や貴重な絵画など、美術館を覗いているような気分になれますよ。

【岐阜】金神社骨董市

金神社骨董市とは、毎月9日に岐阜の金(こがね)神社で開かれている骨董市です。約30-50店舗ほどの出店があり、アンティーク雑貨、着物、陶磁器、オモチャなどさまざまな骨董が境内に並びます。金色に塗られた珍しい鳥居や立派な本殿も見ものです。

【静岡】静岡護国神社蚤の市

静岡護国神社蚤の市とは、静岡縣護國神社にて毎月最終週末に開催されている、歴史ある蚤の市です。JR東静岡より徒歩5分と好立地、参道には100件ほどのお店がずらりと立ち並びます。大正〜昭和にかけて作られた食器や雑貨など、和骨董好きな人には特におすすめの蚤の市です。

【愛知】名古屋アンティークマーケット

名古屋アンティークマーケットとは、東別院境内にて開催されているおしゃれな蚤の市です。年に2回、春・秋に開催され、東海エリアからおよそ80店舗が出店します。ヨーロッパやアメリカ、日本など世界各地のアンティーク・ジャンク品が集まる他、古着やキッチンカーも出店し、アンティークに興味がなかった人にも是非訪れてほしいアンティークマーケットです。

【長野】まつもと古市

まつもと古市とは、長野県松本市で毎月開催されている蚤の市です。2015年に第一回が開催された比較的新しい蚤の市で、古道具や骨董、がらくた、海外アンティークなど、ジャンルを問わず古いものが沢山集まります。開催会場である松本城大手門枡形跡広場は、かつて松本城下町の入り口として栄えた場所であり、周囲には観光やお買い物を楽しめる場所もたくさん。駐車場はありませんので、お車でお越しの際は「松本城大手門駐車場」や近隣のコインパーキングをご利用ください。

【新潟】十輪寺えんま堂の骨董市

十輪寺えんま堂の骨董市とは、新潟県村上市大町通りにて毎月第4日曜に開催されている骨董市です。2020年で20周年を迎えたこの骨董市では、県内外から約40店舗が出店し、骨董品や古道具、屋台などがずらりと並びます。村上市は城下町であった頃の名残で趣のある町屋がいくつも残っており、「人形さま巡り」や「屏風まつり」など、年間を通して様々なイベントが行われています。

【富山】富山のみの市

富山のみの市とは、富山縣護國神社境内にて毎月第1日曜日に開催されている青空骨董市です。昭和59年に第1回が開催され、約180店舗もの出店があります。境内の中に骨董品や古道具、がらくた、古布、ハンドメイド作品、地元の特産物など様々なものが出品されており、毎月多くの人で賑わっています。美味しいスイーツやドリンク、屋台もあるのでご友人やご家族と一緒にお出かけしてみては?

【福井】誠市

誠市とは、福井県鯖江市にある鯖江本山誠照寺の境内にて毎月第2日曜に開催されている青空骨董市です。1、2月は雪のため開催されません。約80店舗もの露店が並び、骨董品や和家具、アンティーク着物などがたくさん出品されています。屋台も出ており、地元鯖江のグルメを楽しめるのも魅力の一つです。

【愛知】NAGOYA 紙 FREAK’S

愛知県名古屋市にあるアンティークショップGLITTER倉庫にて「紙もの」に特化したイベント、NAGOYA 紙 FREAK’Sが開催されます!ジャンルを問わず、世界各国から集まってきた書籍やポストカード、古い新聞などなど・・・紙でできたありとあらゆるものが大放出!もちろん古道具や雑貨など、紙もの以外にも素敵なものが出品されますよ。

【大阪】四天王寺骨董市

四天王寺骨董市とは、大阪市天王寺区にある四天王寺にて毎月21日・22日に開催されている大規模な骨董市です。約300店舗もの出店があり、フリーマーケット感覚で多くの人が集まります。インテリアのアクセントになるものや、生活雑貨、懐かしい骨董品など種類も豊富で一日中いても飽きません。手頃で美味しい屋台も出ているので、家族で楽しんだり恋人とのデートにも。

【京都】東寺弘法市

東寺弘法市とは、毎月21日に京都の東寺で開催されている骨董市です。北野天満宮天神市と並んで、京都の二大骨董市の一つとして知られています。空海が入滅した月命日(3月21日)を期して毎月21日に参詣すると功得があるとされ、訪れた人々にお茶や薬を売ったのが「弘法市」の始まりだといわれています。東寺境内はもちろん、北大門から外側の道路にまで日本の時代物を中心とした露天がびっしりと軒を連ねます。

【大阪】神津神社 十三市

十三(じゅうそう)市とは、大阪市淀川区十三地区に鎮座する神津神社にて、毎月13日に開催されている骨董市です。野菜や花、古道具、アクセサリー、占いなどの出店があります。駅からも近く、商店街を抜けたらすぐの神社ですので若者からお年寄りの方まで幅広い層で賑わっています。四天王寺などの大きな市とは違い、アットホームな雰囲気でゆったりと楽しむことができそうです。

【京都】豊国神社 おもしろ市

豊国神社おもしろ市とは、京都市にある豊国神社で毎月8日と28日に開催されている骨董市・手作り市です。20〜30店舗ほどが出店し、8日は主に骨董品や古布などの販売、28日はハンドメイドの作品が販売される手作り市となっています。近隣には三十三間堂などの大きな寺院が集まっているため、お寺巡りを兼ねて訪れてみてはいかがでしょうか?

【滋賀】ひむれの杜骨董市

ひむれの杜骨董市とは、滋賀県日牟禮八幡宮の境内で毎月第2日曜に、午前8時から午後4時まで骨董市を開催しています。 近隣のアンティークショップなどが出店していて、キレイに手入れされた古道具や食器など、国内から海外のものまで、味わいのある品が並びます。

【三重】関の地蔵さんおもしろ市

関の地蔵さんおもしろ市とは、三重県関地蔵院にて毎月開催されている骨董市です。2016年から始まった比較的新しい骨董市で、こぢんまりとした境内に15〜20店舗ほどが出店しています。昭和レトロな雑貨や古民具・古道具、希少な骨董品まで、日本の古きよきものに出会えますよ。

【京都】京都アンティークフェア

京都アンティークフェアとは、京都市伏見区の京都パルスプラザにて開催されている西日本最大の骨董祭です。年に3回、春・初夏・秋に開催され、全国各地から300店舗以上もの出店があります。骨董・古美術をはじめ家具や絵画、西洋アンティーク、生活雑貨やアジア雑貨まで品揃えも豊富。建物内なので天候に左右されず、着物でのお出かけもおすすめですよ。

【京都】北野天満宮骨董市(天神市)

北野天満宮骨董市(天神市)とは、京都にある北野天満宮にて毎月25日に開催されている大規模な骨董市です。東寺の弘法市と並び京都の二大骨董市の一つに数えられており、25日が祝祭日と重なるとお祭りのように大勢の人で賑わいます。骨董マニアの方から初心者の方まで楽しめ、近年は外国人観光客も増えているようです。

【大阪】生國魂神社(いくたまさん)骨董市

生國魂神社(いくたまさん)骨董市とは、毎月8日に大阪府天王寺区にある生國魂神社で開催されている骨董市です。参道の両脇に20〜30店舗ほどお店が並びます。がらくたや道具類をはじめ、他にも古布・着物・武具・生活骨董類なども出品されています。正午から開催されるミニオークションは業者だけでなく一般客も参加できるので、興味のある方は覗いてみてはいかがでしょうか?

【京都】平安蚤の市

平安蚤の市とは、京都の岡崎公園にて毎月10日前後に開催されている蚤の市です。全国から約150もの店舗が出店し、京都の方はもちろん全国のアンティークファンが訪れます。品揃えも古道具や西洋アンティーク、昭和レトロな雑貨や骨董品などと個性豊か。平安神宮目の前での開催ということもあり、広々とした空間で蚤の市を楽しめるのが特徴です。

【大阪】お初天神 蚤の市

お初天神蚤の市とは大阪・曽根崎にある露天神社の境内で毎月第1金曜に開催されている骨董市です。都会のビルに囲まれた小さな神社に30〜40店舗が出店。古道具、着物、おもちゃ、西洋アンティークなどさまざまな品が並び、多くの人で賑わいます。

【兵庫】関西蚤の市

関西蚤の市とは、東京蚤の市を主催している手紙社が京阪神で行っている大きなマーケットイベントです。毎回のテーマに合わせて国内外の古家具・古書・古着屋さんが集う蚤の市に加えて、 カフェやグルメ、ステージでのライブやワークショップも開催されますので、回を重ねるごとに盛り上がってきている目が離せない注目の蚤の市です。

【大阪】北浜蚤の市

北浜蚤の市とは、大阪の北浜Nビル地下ギャラリーにて不定期に開催されている、人気急上昇中の蚤の市です。アンティークや古道具はもちろん、雑貨や洋服、北欧ファブリック、バッグにアクセサリー、コーヒー、焼き菓子など幅広品々を個性豊かなショップたちが展開します。インテリアやアクセサリーにこだわりたい女性の方には特におすすめですよ。

【大阪】ロハスフェスタ万博

ロハスフェスタ万博とは、万博記念公園東の広場にて開催されている青空マルシェです。「エコ」をテーマにアンティーク・ヴィンテージ品をはじめ、植物、アウトドアアイテム、ガーデニンググッズ、グルメ、お洒落なクラフトや雑貨やワークショップのお店など、さまざまなお店が出店します。大変人気のイベントで、ヨーロッパの蚤の市のようなおしゃれな雰囲気を楽しむことができます。

【大阪】四天会蚤の市

四天会蚤の市とは、2020年2月に大阪の四天王寺で第1回が開催された新しい蚤の市です。月に一度、第2日曜に開催されます。このイベントとは別に四天王寺では毎月21・22日、関西最大級の『四天王寺骨董市』が開催されていますが、「蚤の市」の方ではいわゆる骨董品・古美術品はもちろんのこと、西洋アンティーク雑貨、レトロ雑貨も数多く出品され、よりたくさんの人が楽しめるイベントになりそうです。屋台も出店される予定なので、お友達や家族とお祭り気分でお出かけしてみては?

【奈良】奈良蚤の市

奈良蚤の市とは、2020年春に第1回が開催された、奈良蔦屋書店が主催している新しいの蚤の市です。近鉄新大宮駅から歩いて約10分、県下最大級の複合施設「奈良コンベンションセンター」の天平広場で開催されています。広々とした会場に、国籍を問わず世界各国から集まった古き良きものが大集結。半屋外の会場には屋根があり、天候に左右されず楽しめますよ。

【京都】東寺がらくた市

東寺がらくた市とは、京都市南区にある東寺にて毎月第1日曜に開催されている骨董市です。東寺といえば毎月21日の弘法市が有名ですが、こちらはうぶ出しの骨董や古道具、がらくたなど、よりマニアックな品が手に入ると人気です。その安さと品揃えから、プロが買い付けに訪れることもあるんだとか。

【大阪】中之島うたかたレトロ市

中之島うたかたレトロ市とは、3ヶ月に一度、大阪市中央公会堂の会議室にて開催されている蚤の市です。主に昭和レトロな玩具、雑貨、コレクタブルアイテムが出品され、懐かしいアニメやキャラクターものが好きな方には特におすすめです。大阪中心部とアクセスも抜群、夜8時まで開催されているのでお仕事帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【広島】廣島蚤の市

廣島蚤の市とは、広島T-SITEにて毎月開催されているおしゃれな蚤の市です。月ごとにテーマが設けられ、丁寧にディスプレイされた商品が並びます。日本のものはもちろん、ヨーロッパ・北欧など普段のお買い物では出会うことのできない海外の貴重なアイテムを手に取ることができますよ。

【岡山】倉敷懐かしマーケット

倉敷懐かしマーケットとは、岡山県倉敷市芸文館の中広場にて年4回、第5日曜に開催されている骨董市です。関東から九州まで約70店舗の骨董業者が集まり、会場では西洋アンティークやアメリカンビンテージ、生活骨董・古美術、カフェなど幅広いジャンルの品々が並びます。近くには倉敷美観地区もあり、歩いて観光・お食事も楽しめますよ。

【岡山】岡山駅前蚤の市

岡山駅前蚤の市とは、2020年9月に第1回が開催された新しい蚤の市です。岡山駅より徒歩5分、イコットニコットの2階「TSUTAYA BOOKSTORE岡山駅前」にて、毎月第4週目の土日に開催されています。日常を彩る古き良きもの達、作家ものの器やアクセサリーなど、それぞれのお店が丁寧に一点一点セレクトした商品が並びます。

【鳥取】くらよし大市

くらよし大市とは、鳥取県倉吉市にある倉吉パークスクエアふれあい広場にて、毎月第1日曜に開催されているフリーマーケットです(1、2月は休み)。その規模は山陰最大級とも言われ、多い時には200店舗もの出店があります。プロ・アマチュア問わず出店が可能で、ハンドメイドやリサイクル品、骨董や古道具など様々なアイテムが出品されており、大変見ごたえのあるイベントです。

【島根】石見蚤の市&旧車ミーティング

石見蚤の市&旧車ミーティングとは、島根県大田市にある温泉津町総合運動場と体育館にて不定期に開催されている、人気急上昇中のイベントです。体育館に骨董や古道具・古着などが集まるほか、外には往年の旧車がずらりと勢揃いします。古物×旧車の組み合わせが全国的にも珍しく、斬新で楽しいイベントです。

【山口】山口フリーマーケット骨董市

山口フリーマーケット骨董市とは、山口県山口市中河原町の亀山公園ふれあい広場にて毎月第1日曜に開催されている県下最大級のアンティークイベントです。晴天時にはなんと300店舗以上もの出店があり、骨董品やアンティーク着物、古家具など多種多様な古物が集まります。

【徳島】徳島びっくり日曜市

徳島びっくり日曜市とは、毎週日曜日、徳島市問屋町の問屋街一帯を使って行われている骨董市です。アンティークや骨董品はもちろん、農産物や衣料品、お好み焼き、焼き鳥などの屋台から日用雑貨などさまざまな種類のお店が並びます。県外からも多くの人が訪れ早朝からお昼過ぎまで大変な人で賑わいます。雨天決行で駐車場もあるので休日のひとときを家族みんなで楽しむのにもおすすめですよ。

【香川】大ガラクタ市レトロモダンマーケット

大ガラクタ市レトロモダンマーケットとは、香川県綾歌郡宇多津町の大橋1号公園にて年に2回、5月と9月に開催されている蚤の市イベントです。近県からおよそ30店舗の出店があり、レトロな食器や雑貨、古家具、骨董など、様々なアイテムが見つかります。両日13時からは人気のオークションも開催されるので、興味がある人は参加してみてはいかがでしょうか?

【愛媛】とこやみせ ござれ市 / 骨董番外市

とこやみせござれ市とは、愛媛県今治市朝倉にあるアンティークショップ「とこやみせ」で、毎月第1土日に開催されている蚤の市です。約15店舗ほどの出店があり、古民家から引き取った「初荷(うぶに)」が出品される他、古民具、古道具、骨董品など様々なものが出店されます。とこやみせでは第3土日に「骨董番外市」も開催されているので、足繁く通っている人も多いのだとか。

【高知】元親こじゃんと楽市

元親(もとちか)こじゃんと楽市とは、高知市長浜にある「若宮八幡宮」の境内にて不定期に開催されている町おこしイベントです。およそ60店舗もの出店があり、ハンドメイドの作品やグリーン、古道具など、様々なお店が並びます。一日を通してライブや若宮八幡宮の禰宜さんによる雅楽の演奏なども行われ、個性溢れる魅力的な市となっています。土州焼きや大豊そば粉を使った食べ物など、地域のグルメを楽しめるのも素敵ですね。

【福岡】ちくご吉井お宝の市

ちくご吉井お宝の市とは、福岡県うきは市吉井町にて5月・9月・11月の第2土曜と日曜に開催されている骨董市です。九州一円から古美術業者が集まり、骨董品や古美術品を中心に多彩な品が並びます。また日曜の午後からはチャリティーオークションが開かれることでも有名です。懐かしいラムネやお茶、ちょっとした食べ物もあります。吉井地区は白壁の街並みが美しく、散策もおすすめですよ。

【福岡】筥崎宮蚤の市(筥崎宮骨董市)

筥崎宮蚤の市とは、福岡市東区箱崎にある筥崎宮(はこざきぐう)にて年に10回程度開催されている蚤の市です。参道に約200店舗以上もの出店があり、アンティーク雑貨、着物、陶磁器、オモチャなどさまざまな骨董が並びます。海外のアンティーク品やブロカントを扱うお店もあり、若い人にも人気の蚤の市です。

【熊本】甲佐蚤の市

甲佐蚤の市とは、熊本県上益城郡甲佐町で毎年10月第1日曜日に開催されている人気の蚤の市です。毎年約150店舗が集結する熊本県の一大イベントで、たくさんの人が訪れます。『美味しいモノあり、楽しいコトあり、面白いヒトあり』というテーマで子供から大人まで楽しめるイベントとなっています。

【佐賀】佐賀城下骨董市

佐賀城下骨董市とは、佐賀県にある松原神社で年に2回、春と秋に開催されている、九州最大規模の骨董市です。約50店の骨董屋が軒を連ね、古道具や陶磁器、日用品から古布など和・洋数々の品がところ狭しと並びます。毎回多くの骨董好きが集まる人気イベントで、佐賀観光のついでというよりも、この骨董市がお目当てという観光客も少なくありません。

【大分】なんでも蚤の市

なんでも蚤の市とは、大分県別府市にある別府国際観光港「さんふらわあのりば」にて開催されている蚤の市です。毎年6月と12月の土日2日間にわたって開催されます。九州全土から100店舗もの出店があり、和洋アンティーク・古道具・がらくた・家具などさまざまなものが並びます。パンや弁当、ドリンクなどもあり、会場でランチを楽しむこともできますよ。

【宮崎】綾・酒泉の杜 骨董のみの市

綾・酒泉の杜 骨董のみの市とは、宮崎県東諸県軍綾町にある酒蔵「酒泉の杜」にて年に2〜3回程度開催されている蚤の市です。第2駐車場が会場となり、古い陶磁器やガラス製品、古布、道具類など様々なものが出店されます。

【鹿児島】鹿児島アンティークマーケット

鹿児島アンティークマーケットとは、鹿児島市ドルフィンポートを会場に不定期に開催されているおしゃれな蚤の市です。2015年8月に第1回が開催され、土日の2日間で約20店舗の出店があります。古道具や和洋アンティーク、グリーン、フードなど、個性豊かな店舗が選りすぐりのアイテムを販売します。 ※2020年3月に会場であったドルフィンポートが閉業したため、次回開催場所は未定です。

【長崎】旅する蚤の市。in Sasebo

旅する蚤の市。in Saseboとは、長崎県のJR佐世保駅前の新港広場にて不定期に開催される蚤の市です。2015年に第1回が開催されて以来出店数を増やし続け、2019年開催時には約100店舗と大変賑やかなイベントとなりました。アンティーク・クラフト・フードなどの出店があり、美しい佐世保の海を眺めながらお買い物が楽しめます。

【沖縄】沖縄骨董市

沖縄骨董市とは、沖縄県本島各地で不定期に開催されている骨董市です。30店舗ほどの出店があり、骨董品やガラクタ、昭和レトロな雑貨、掛け軸や刀剣類といった美術品まで多彩な品揃えです。また沖縄出身の作家作品や琉球の紅型、ガラス製品、三線など、沖縄ならではの個性的な出品が見られるのが特徴です。

【福岡】ロハスフェスタ福岡

ロハスフェスタ福岡とは、国営海の中道海浜公園の大芝生広場にて開催されている青空マルシェです。「エコ」をテーマにアンティーク・ヴィンテージ品をはじめ、植物、アウトドアアイテム、ガーデニンググッズ、グルメ、お洒落なクラフトや雑貨やワークショップのお店など、さまざまなお店が出店します。大変人気のイベントで、ヨーロッパの蚤の市のようなおしゃれな雰囲気を楽しむことができます。

【各地で開催】ワンダフルマルシェ

ワンダフルマルシェとは、日本各地様々な場所で不定期に開催されている蚤の市です。『旅する蚤の市』をテーマに、世界各地からバイヤーが買い付けてきた、ちょっと暮らしが豊かになる選りすぐりの品々が並びます。ヴィンテージ品、アップサイクル、クラフトなど様々な出店があるので、近場で開催される時は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

エリアから店舗を探す

東京 136件

京都 41件

大阪 49件

愛知 40件

神奈川 36件

ネット 200件




特集:おすすめ店舗


商品を探す

テーブル
デスク

チェア
ソファ

洋食器
プレート・皿

洋食器
ティーカップ

洋食器
ボウル・鉢

和食器

ガラス器

カトラリー

バスケット
かご

トランク
バッグ

ドール
ぬいぐるみ

ボックス

オブジェ
置物

キッチン雑貨
調理具

その他雑貨

シーリング
天井照明具

デスク
テーブルランプ

ウォールランプ
壁灯

建て具

すべての商品
一覧


特集:ピックアップ商品

アンティークのある暮らしを探す

#蕎麦猪口
のある暮らし

#バスケット・かご
のある暮らし

#ワインテーブル
のある暮らし

#豆皿
のある暮らし

#火鉢
のある暮らし

#箪笥
のある暮らし

#レトロなガラス瓶
のある暮らし

#小引き出し
のある暮らし

#アンティークミシン
のある暮らし

#掛け時計
のある暮らし

#ちゃぶ台
のある暮らし

#色絵の器
のある暮らし

#アンティークトランク
のある暮らし

#アンティークドア
のある暮らし

#アンティークテーブル
のある暮らし

#ストーブ
のある暮らし


全国の骨董市・蚤の市を探す

四天王寺骨董市
大阪

大江戸骨董市
東京

中之島うたかたレトロ市
大阪

青山古市
東京

岡山駅前蚤の市
岡山

北野天満宮骨董市
京都

筥崎宮蚤の市
福岡

えびな骨董市
神奈川

すべての骨董市
全国一覧

ピックアップ蚤の市|皆さまからの投稿をお待ちしております



ANTIQUE LEAVES

    
私たちについて  利用規約  店舗利用規約  プライバシーポリシー  お問合せ © 2016-2020 ANTIQUE LEAVES