広告

亀岡八幡宮 のイベント


逗子の守護神、亀岡八幡宮の静寂と歴史
 
亀岡八幡宮の画像 
 
🌳 緑豊かな参道を歩く
 
逗子市にひっそりと佇む亀岡八幡宮は、逗子駅からわずか徒歩3分の場所にあります。参道の入口を飾る台輪鳥居をくぐると、直線に伸びる道が訪れる人を迎え、その先には入母屋造りの千鳥破風と唐破風を備えた荘厳な拝殿が現れます。逗子市役所の隣に位置し、商店や住宅に囲まれながらも、境内に足を踏み入れるとそこは別世界。古木が聳え立ち、心安らぐ自然に満ちた空間が広がります。
 
 
🐢 亀岡八幡宮の歴史と祭神
 
亀岡八幡宮の名前の由来は、その地形が亀の背のようななだらかな岡であったことにちなみます。鎌倉の鶴岡八幡宮に対して「亀岡八幡宮」と名付けられ、長い歴史を持つこの神社は、創建年は明らかではありませんが、応神天皇宇賀之御魂神を祀り、商売繁昌や家内安全の守護神として信仰されています。社号は昭和28年に「宗教法人亀岡八幡神社」として登録されましたが、地元では今も昔ながらの「亀岡八幡宮」と呼ばれ親しまれています。
 
 
🎨 美しい装飾と庚申塔
 
拝殿には大正時代に生まれた狛犬があり、軒下には様々な彫刻が施され、境内には色鮮やかな幟が建ち並ぶ稲荷神社が祀られています。また、寛文11年(1671年)に建立された庚申塔は、青面金剛像が彫られた貴重なもので、鎌倉の御霊神社の庚申塔よりも古いとされています。この庚申塔は、かつて延命寺によって管理されていました。
 
 
🏹 伝統ある行事とアクセス
毎年11月には逗子海岸で流鏑馬が行われ、亀岡八幡宮からは子ども武者行列が出陣します。この伝統ある行事は多くの観光客を引き寄せ、地域の賑わいを見せます。アクセスは、JR横須賀線逗子駅東口または京浜急行逗子・葉山駅北口から徒歩数分で、訪れやすい立地にあります。
 
亀岡八幡宮は、逗子の鎮守として、静かながらも力強い存在感を放ち、訪れる人々に歴史の息吹と自然の美しさを感じさせてくれる特別な場所です。
 
 
❓よくある質問
 
Q1: 亀岡八幡宮へのアクセス方法を教えてください。
A1: 亀岡八幡宮へは、JR横須賀線逗子駅東口から直進して徒歩約3分、または京浜急行逗子・葉山駅北口から徒歩約2分で到着します。逗子市役所の隣に位置しており、アクセスしやすい場所にあります。
 
Q2: 亀岡八幡宮の主な祭神は誰ですか?
A2: 亀岡八幡宮では、応神天皇宇賀之御魂神を主に祀っています。商売繁昌や家内安全の守護神として信仰されており、多くの参拝者が訪れます。
 
Q3: 亀岡八幡宮の見どころは何ですか?
A3: 亀岡八幡宮の見どころは、大正時代に造られた狛犬や様々な彫刻が施された拝殿、色鮮やかな幟が立つ稲荷神社、そして寛文11年(1671年)に建立された歴史的な庚申塔です。また、境内には古木が聳え、自然に囲まれた静寂な雰囲気を楽しむことができます。
 
Q4: 亀岡八幡宮で特別な行事はありますか?
A4: 毎年11月に逗子海岸で開催される流鏑馬が特に有名です。亀岡八幡宮からは子ども武者行列が出陣し、地域の伝統と文化を今に伝える壮大な行事として、多くの観光客で賑わいます。
 
Q5: 亀岡八幡宮の歴史について教えてください。
A5: 亀岡八幡宮の創建年は不詳ですが、その名称は境内地が亀の背のようななだらかな岡であったことに由来します。昭和28年に宗教法人として登録されましたが、古くから地元では「亀岡八幡宮」と呼ばれ親しまれています。歴史的にも文化的にも重要な役割を果たしてきたこの神社は、逗子の鎮守として信仰され続けています。
 

亀岡八幡宮
かめがおかはちまんぐう
住所: 〒249-0006 逗子市 逗子5-2-13

・JR横須賀線・湘南新宿ライン逗子駅東口下車⇒直進徒歩3分 
・京浜急行逗子線 逗子・葉山駅北口下車⇒徒歩2分
 


 

見つかりませんでした

ごめんなさい。指定されたアーカイブは見つかりませんでした。