広告

東勝寺(宗吾霊堂) のイベント

紫陽花と歴史が彩る鳴鐘山東勝寺の静寂
 


宗吾霊堂の画像
 

🌸 歴史の語り部:鳴鐘山東勝寺の始まり

鳴鐘山東勝寺、桓武天皇の時代(781~806年)に根を下ろし、真言宗豊山派の精神を今に伝える古刹です。その創建は、房総の平定後、戦没者の魂を慰めるため坂上田村麻呂によってなされました。江戸時代初期、農民たちの窮状を救うべく立ち上がった義民・佐倉宗吾(木内惣五郎)の菩提を弔う場としても知られ、その教えと精神は今もなお寺域に息づいています。
 

🌿 霊宝殿と宗吾御一代記館:生きた歴史を感じる

この寺院には、義民・佐倉宗吾の生涯と遺品を展示する霊宝殿や、その一生を人形劇で紹介する宗吾御一代記館があります。農民たちの声を代弁し、重税の見直しを成し遂げたものの命を落とした宗吾の勇気ある行動は、訪れる人々に深い感動を与えます。
 

🌺 紫陽花の楽園:あじさい園の魅力

6月の梅雨時、東勝寺の大本堂裏手に広がる境内は、色とりどりの紫陽花で埋め尽くされます。在来あじさいからガクアジサイ、柏葉アジサイまで、1,000株以上が植えられたあじさい園は、訪れる人の目を楽しませ、心を和ませます。
 

🚶‍♀️ アクセスと参拝情報:訪れやすい静寂の地

東勝寺は、公共交通機関または車で容易にアクセス可能です。京成公津の杜駅から車でわずか5分、または成田市コミュニティバス「宗吾霊堂行き」を利用して、穏やかな境内で心静かな時を過ごすことができます。営業時間は9時から16時までとなっており、霊宝殿と宗吾御一代記館の定休日は月曜日です(祝日の場合は翌日)。
 
 


 
❓よくある質問
 

Q1: 東勝寺の拝観時間はいつですか?
A1: 東勝寺は毎日9時から16時まで開寺しています。霊宝殿と宗吾御一代記館の定休日は月曜ですが、祝日の場合は翌日に休みとなりますので、訪問計画を立てる際にはご注意ください。
 
Q2: 東勝寺へのアクセス方法を教えてください。
A2: 公共交通をご利用の場合、京成公津の杜駅から車で5分、または成田市コミュニティバス「宗吾霊堂行き」で「宗吾霊堂」下車が便利です。自動車を利用の場合は、東関東道富里ICから国道409号を経由し、約15分です。
 
Q3: 東勝寺の拝観料はいくらですか?
A3: 東勝寺の拝観料は700円です。これには霊宝殿と宗吾御一代記館の入館料が含まれます。寺院の美しい境内を堪能しつつ、重要な歴史的展示もお楽しみいただけます。
 
Q4: 東勝寺で特に見どころはありますか?
A4: 東勝寺は、紫陽花の美しい景色で知られるほか、義民・佐倉宗吾に関する歴史的展示が充実しています。霊宝殿では宗吾の遺品を、宗吾御一代記館では彼の生涯を人形劇で知ることができます。また、春には桜が美しく咲き誇ります。
 
Q5: 駐車場はありますか?料金はいくらですか?
A5: はい、東勝寺には100台を収容できる駐車場があります。普通車は700円、大型車は1500円の駐車料金がかかります。ただし、1月中に有料日があるため、事前に公式情報をご確認ください。
 
Q6: 東勝寺周辺には、食事をする場所がありますか?
A6: 東勝寺周辺には、訪問者が食事を楽しめるいくつかの飲食店があります。ただし、具体的な店名や詳細については、最新の情報をご自身でご確認いただくことをお勧めします。
 


 

🌟開催概要🌟 宗吾霊堂の成田市とは、歴史ある宗吾霊堂(正式名称:鳴鐘山東勝寺)で、毎月第2・第4日曜日に開催されている骨董市です。早朝8時から午後3時頃まで、約20軒の店が出店し、骨董品、古美術、古銭、着物、刀類など、さ…