全国の骨董・アンティーク検索サイト|アンティークリーブス
 
商品を探す




ショップを探す

骨董市・コラム

ショップ専用メニュー

ご案内


桐生天満宮古民具骨董市

 このエントリーをはてなブックマークに追加 Check   
天満宮古民具骨董市は、毎月 第1土曜日(※1月,11月は変更有)に桐生天満宮境内で開催される関東三大骨董市と呼ばれるほどの賑わいを見せる骨董市です。80店ほど出店しており、商品も家具・ブリキのおもちゃなど多彩にあります。 会場では若いカップルから年輩の方まで様々な人々で賑わい、店主と気軽に交渉をしている姿も目立ちます。
開催日:毎月 第1土曜日(※1月,11月は変更有)
時間:午前7時 - 午後4時
会場:桐生天満宮 境内
交通:JR両毛線桐生駅より車約5分
入場料:無料
陳列品は鉄瓶、火箸などの生活道具から古書、カメラ、陶磁器、版画、刀剣といったものまで、実に幅広い品ぞろえです。 また、同日に開催される「買場紗綾市」と「桐生楽市」とあわせて、「桐生三大市」と呼ばれています。
桐生天満宮(きりゅうてんまんぐう)は、群馬県桐生市天神町にある神社(天満宮)である。社伝では景行天皇の時代(71年 – 130年)に天穂日命を祀る神社として創建されたと伝えられ、当初は礒部明神といった。南北朝時代初期に桐生綱元(桐生氏の祖)が現在の所在地に移し、菅原道真を合祀して天満宮となった。江戸時代には徳川家の祈願所となっていた。現在の社殿は1789年に建造されたものである。
<ご注意>
・ショップへのお問い合わせの際に「アンティークリーブスを見ました」とお伝えいただくとスムーズです。
・商品の在庫数、サイズ等については、取扱ショップにお問い合わせください。
・ショップへ来店される場合、営業日時について必ず事前にご確認ください。


-PR-
-PR-
Antique Leaves 運営者情報
利用規約
プライバシーポリシー
instaram
facebook
twitter
よくある質問
お問合せ