全国の骨董・アンティーク検索サイト|アンティークリーブス
 
商品を探す




ショップを探す

骨董市・コラム

ショップ専用メニュー

ご案内


【コラム】実は奥が深かった、照明のいろは。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 Check   
一言に照明と言っても、意味はいろいろ。まず、光の色味についてお話しすると、人間が心理的に心地よく綺麗だと思う光は白熱球の「暖かい光」だと言われています。ご存知の方も多いと思いますが、食べ物が美味しく見える、人間の肌が綺麗に見えるのは 青白い蛍光灯の光ではなく、電球の黄色い光なんですね。 今回は、その黄色い光がとってもよく似合う アンティーク照明のお話しをしたいと思います。
空間の中で、照明ってどんな役割をしているものだと思いますか? 「部屋を明るくする道具…ですよね」「本を読んだり作業するのに必須です。見やすく照らしてくれる道具じゃないかな。」 そうですよね。空間やものを照らすのは生活に欠かせない役割を担っています。 アンティーク照明にはこれらの機能性はもちろん、デザイン的にとても凝ったものが多いのが特徴。現代の照明器具よりも、手間暇かけ、こだわりを持ったものが多いような気もします。 ではなぜ、昔の人は照明器具にそこまでこだわったのでしょうか。
それは昔の人たちは、先程挙げた照明器具の基本的な役割だけでなく、それ以外の様々な効果を楽しもうとしたからではないかと思うのです。 専門的なインテリアの世界でも、照明の効果は非常に大きいと考えられており、空間やものを照らす以外には「空間の演出効果」「心理的・生理的効果」があると言われています。 陰影を作って空間にメリハリをつける… 明るくフレッシュな空間も、ちょっと暗くて落ち着いた空間も、照明の活躍がなければ生み出すことはできませんね。
アンティークショップでも比較的お手頃価格て手に入れることができる、このような乳白やホーロー製のシェードもクリーンでさっぱりとした演出にぴったり。傘の大きさやすぼまり具合であかりの広がりをお好みに調整して、陽が落ちたらしっとりと落ち着いた空間演出もできそうですね。 筆者は中央に写った、インダストリアルなデザインの電気スタンドも気になります…。リビングのソファ脇や大きな本棚の脇などにおいて、ゆっくり本を読む決まりの場所を作るのもいいな〜と。
また、照明器具ってあまり買い換えることが少ないアイテムでもありますね。そこで とことんこだわって、とっておきの一品に奮発ちゃうのもいいかもしれません。光と影をうまく使って、目にも心にも心地よい照明に出会えたら、いつもの休日もとびきり素敵に過ごせそうです。 機能性だけでなく、演出や心理的効果も楽しもうとして古き良き時代の人たちのようにあかりを楽しめたら… なんて豊かなんでしょう! さあ、皆さんの身の回りの照明。いかがですか?お引越しや模様替えの予定がある方はチャンス。照明についてちょっと深く考えてみるだけで、毎日の生活がグレードアップするかもしれません!?

このコラムのライターへ

<ご注意>
・ショップへのお問い合わせの際に「アンティークリーブスを見ました」とお伝えいただくとスムーズです。
・商品の在庫数、サイズ等については、取扱ショップにお問い合わせください。
・ショップへ来店される場合、営業日時について必ず事前にご確認ください。


-PR-
-PR-

ピックアップアイテム



【特集】おすすめアンティークショップ



Antique Leaves 運営者情報
利用規約
プライバシーポリシー
instaram
facebook
twitter
よくある質問
お問合せ