全国の骨董・アンティーク検索サイト|アンティークリーブス
 
商品を探す




ショップを探す

骨董市・コラム

ショップ専用メニュー

ご案内


【コラム】昔の建具や家具などに使われているダイヤガラスの魅力に注目。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 Check   
昔懐かしい印象のダイヤガラス。古い家具や家の建具にはめ込まれている事が多い人気のガラスですが、残念ながら現在はもう生産されていないのです。
ガラスの透け感や明るさはそのままに、でも収納したものを程よく隠してくれる秀逸なダイヤガラス。表面がこのようにギザギザしている事で、あのキラキラとした感じが出ているんですね。昔は型押しのような方法で作られたガラスが多かったそう。アンティークショップではそれらをまとめてプレスガラスと呼んでいます。ご実家やおばあちゃんの家を思い出してみると、ガラスに模様が入っているプレスガラス、ありませんでしたか?思い返してみると、今はあまり見かけなくなり 懐かしいですね。
このように日本の和家具に使われている事が多いですね。ぬくもりある木とレトロなガラスが相性ぴったり。ノスタルジックな雰囲気です。 細々した雑貨などを収納してもスッキリと見せられるのは男女ともに嬉しいポイントです。
町家や古民家カフェなどでは、このような透明のガラスとダイヤガラスを組み合わせた建具や家具もよく見かけます。お互いの良さが引き立って、シンプルなのにテクスチャの違いがとってもおしゃれ。 木戸と比較すると圧迫感もなく、品があって美しいです。お店でも自宅でも真似したくなるインテリアですね。
ちなみにプレスガラスには色々な種類があり、こちらのようなストライプのガラスも人気があるんです。モールガラスと呼ばれている事が多いでしょうか。ダイヤガラスも素敵ですが、個人的にはモールガラスも爽やかでタイプ。洋間やモダンな空間にはモールガラスがよく馴染みます。

アンティークショップへ行かれたら、ぜひ懐かしいガラスにも注目してみてください。今回ご紹介できなかったもの以外の貴重なガラスが使われているものも多いはず。

このコラムのライターへ

<ご注意>
・ショップへのお問い合わせの際に「アンティークリーブスを見ました」とお伝えいただくとスムーズです。
・商品の在庫数、サイズ等については、取扱ショップにお問い合わせください。
・ショップへ来店される場合、営業日時について必ず事前にご確認ください。


-PR-
-PR-
Antique Leaves 運営者情報
利用規約
プライバシーポリシー
instaram
facebook
twitter
よくある質問
お問合せ